日本プロゴルフ協会(PGA)創立60周年記念パーティーが、7月10日午後6時から、東京・赤坂のホテルニューオータニで行われ、300人を超える出席者らがお祝いに駆けつけた。主催者挨拶では「真のゴルファーを育てて行きたい」とPGA倉本昌弘会長が、夢を語った。倉本会長と懇意にしているPGAオブアメリカのポール・リヴィ会長も駆けつけ祝辞と特別記念品を贈り、スポーツ庁・鈴木大地長官をはじめJGTO会長・青木功、日本ゴルフ協会・竹田恒正会長や日本女子プロゴルフ協会・小林浩美会長も祝辞と乾杯、60周年パーティーに花を添えた。

功労者表彰が行われた後、アトラクションとして永久シードの青木功、中嶋常幸、倉本昌弘、尾崎直道、片山晋呉の5選手によるトークショーでパーティー出席者を喜ばせた。スペシャルゲストとして石井朝夫プロの挨拶の後最後にPGAティーチングプロアワード歴代最優秀受賞の紹介がなされました。